デイヴィッド・ヒダルゴ & マーク・リボウ デュオ
By Tom's Cabin Follow | Public

デイヴィッド・ヒダルゴは
イースト・ロス・アンジェルスでロス・ロボスを立ち上げ人気グループとなった後、フラコ・ヒメネスやダグ・サム等とテックスメックス系のオールスターバンド、Los Super Sevenを結成アルバムを残す。その後ミッチェル・フルームやチャド・ブレーク等とのラテン・プレイボーイズでアヴァンギャルドなワールド・ミュージックに挑戦しその後も多くの人たちと共演するマルチ・プレーヤー。
マーク・リボウは
古くはウイルソン・ピケット等ソウル歌手のバックを務め、ニューヨークの伝説のフェイク・ジャズ・グループのラウンジリザードに参加。
その後ソロ活動の合間にトム・ウエイツやエルヴィス・コステロのレコーディングとツアーに参加、自身がリーダーとなりアンセニオ・ロドリゲスに捧げる”偽キュウバ人”という素晴らしいアルバムを製作。その後もニューヨーク・ダウンタウン・ジャズ・シーンで多くのアルバムに参加、最近はフィラデルフィア・ソウルとオーネット・コールマンへのオマージュを込めたヤング・フィラデルフィアンズで来日しライブアルバムも出した。
この二人がデュオを組んでライブをやると聞いてすぐに連絡を取った。
イーストL.A.とN.Y.ダウンタウン。この二つの異なる場所でユニークな活動してきたデイヴィッド・ヒダルゴとマーク・リボウが作る音楽はどんなものになるのか?まだ聴いたことがなのになぜか期待に胸震える。東名阪クアトロ1回ずつの公演だが見逃せないライブとなると思う。

トムス・キャビン代表 麻田浩